筋肥大の仕組みについて

EVOLの万代です。

今回は、筋肥大についてお話します。

皆様、筋肥大についてはご存知でしょうか?

筋肥大とは筋繊維という細かい筋細胞が何千本も束になり出来ていますが、この筋繊維が大きくなっていくことを、筋肥大といいます。
筋肥大のやり方は、トレーニングなどで筋肉に刺激を入れると筋肉は、筋繊維の一部が破断されます。その後、栄養と休養を与える事により、傷付いた筋肉は修復され筋繊維は以前よりも太くなって修復されるので、結果的に筋肉が大きくなります。

筋肥大には成長ホルモンが重要な役割を果たしています。
強度の高いトレーニングを行うと血中の成長ホルモン濃度は通常の約200倍増加し、筋肥大へとつながります。

一度トレーニングを行っただけでは、筋肥大の効果は期待できません。
また、同じ負荷や同じ重量でトレーニングを繰り返していても徐々に筋肉が慣れてしまい傷つきにくくなりますので、少しずつ強度上げていくこと事が大切です。

このことを、踏まえてトレーニング後2~3日休養をしっかり取り筋肉を回復させてからトレーニングに入るという繰り返しを行うことによって筋繊維は徐々に大きくなり、筋肥大をしてきます。