PRIVATE BODY MAKE STUDIO EVOL
ブログ

2017.07.21 | Blog,★栄養学コラム★

低糖質中の脂質について

こんにちは、EVOLの万代です。
今回は、低糖質のお食事をしている時の脂質の摂り方についてお話します。

まず、低糖質とは何かと言うと、三大栄養素である炭水化物、蛋白質、脂質のうち、炭水化物を控えるダイエット方法です。

炭水化物に含まれる糖質を省くことによって、体の中のエネルギーが足りなくなり、脂肪を分解して新しくエネルギーを作り出します、これは糖新生の働きによって起こる体内のメカニズムです。

この働きによって、体脂肪が落ちていく訳ですが、脂質まで省いてしまうと体は上手くエネルギー作り出す事が出来なくなってしまいます、そうなってしまうと次に筋肉を分解し体は生命の維持をしようとします、その状態では痩せることはおろか、どんどん太りやすい状態になってしまいます。 

結論を言うと、低糖質を適切にしているのであれば脂質は気にする必要はありません。

ここで言う適切な低糖質とは、1日の総摂取炭水化物の量が20G以下です。

大体の方は痩せようと思ったら脂質を減らすことに念頭に栄養のバランスを考えたりしますよね、なので初めて低糖質ダイエットに挑戦すると不安になり油の入ったお食事を控えたくなってしまいます、確かにこれから痩せようとしているのに脂ぎったお肉にマヨネーズなんか、かけてしまうと痩せる事と真逆なことをしている気がして、気が進まないのですが、全く問題ありません!

何故かと言うと、糖質を摂らないことで、インシュリンと言うホルモンが反応しなくなります、インシュリンは食事で摂った脂質を脂肪合成する働きがあり、体脂肪が蓄積されてしまうのですが、脂質や蛋白質を摂ってもインシュリンが分泌されないので食事で脂質を摂っても大丈夫という訳ですね^^

低糖質をやられているのならば、気にせずに脂質を摂取しましょう。

脂質が多い食材はざっと並べるとこんな感じです。

・たまご
・牛肉や豚肉
・アボカド
・サーモンやサバやマグロ
・クルミやアーモンドなどのナッツ類
・マヨネーズ

調味料で、ココナッツオイルを使うと低糖質との相性がかなり良く体脂肪率の減少がさらに期待できるので個人的にかなりオススメな油です、低糖質中にはオススメですが普通のお食事でココナッツオイルを大量に摂取してしまうとかなり太ってしまうのでご注意ください。